2xup.org

Web デザイナーが知っておくと良いかもしれない DTP 脳

よく聞く意見として、Web デザイナーは DTP 的感覚を捨てるべきだ。といったものがありますが、僕は一概にそうは言えないと思っています。もちろん Web は紙媒体と違う点が多く、表示が環境に依存する部分があるので考え方に変化の必要な部分もありますが、それらは脱するというよりは、むしろ理解を深めていくべき点なのかもしれません。

ならば、どういった意識を持つのかというと、Web も DTP と同じように、文書に意味付け、構造化を行うという共通点があります。

HTML は文書に意味付けを行う言語

そもそも HTML とはなんぞや。という質問に『文書に意味付けを行う言語』という解答をすることがあります。例えばその文書の中で一番大きい見出しには h1 を。その一番大きい見出しの次に大きい見出しには h2 を。という風に単なるテキストに意味付けを行うことでその部分が文書内でどういう意味をもっているのか示していくのです。もちろん、役不足な面もあります。しかし HTML だけでは詳細な意味付けが行えない場合もあり、それを補うために microformats などが活きてくるのだと思いますあります。

出版の世界でもやっぱり意味付け

実は『文書に意味付けする』というのは出版の世界でもあることで、試しにその辺りにある技術書を開いてみるとそれを感じることができるかもしれません。例えば、節のタイトルはこの文書の中で一番大きい見出し、つまり HTML で言う h1 要素にあたり、その節の概要はタイトルの下に書かれていたります。そしてその節にはさらにいくつかの節が設けられており作業の内容や順序、ソースコードなどが記載されたりなんていうことがあると思います。

そうした書籍は、著者が書いた原稿に編集者が意味付けを行い、DTP デザイナーが編集者から受け取った原稿をより読者に伝わり易く装飾するという出版のフローをもって publish されます。こうした部分も Web 制作で発生する作業に似ていますね。

DTP と Web ではデザインコントールなどに違いがあり DTP 的感覚で同じように Web デザインを行えるとは限りません。しかし、文書に意味付け・構造化を行うという共通点はあるので、その共通点は Web デザイナーも持っておくと良いのかもしれません。これは逆に DTP デザイナーにも言えることではないかと思います。

余談ですが、最近発表された Adobe InDesign Server などからも、DTP と blog の共通点が見えてきます。例えば週刊誌に掲載されているような現在公開中の映画の上映スケジュールなんてものを毎週書き直すなんて事を行うはずがないなあ。と思っていたのですが、組版ソフトの発達によって、映画の上映スケジュールをまとめたデータベースを参照し、それらのデータをテンプレートに反映してページを完成させる。なんて事がすでに過去から行われているのかもしれません。テレビ番組表や、旅行シーズンのホテル情報など、定型フォーマットの並ぶページなんていうのは既にほとんどそんな風に publish されているのではないかと思います。これは CMS や blog、XML + XSLT などに似ていますね。

私自身、編集者に了解を取ってですが HTML で一部原稿を書いたことがあります。ブログを書籍化するサービスもあるくらいですから、これからの DTP と Web の関係がおもしろそうです。

7 Comments

makimoki2006年12月16日 10:04

なるほど。。
本当になるほど。。
情報誌とカタログをメインに作っていたのだけれど
定型フォーマットのページはすでに全て自動処理作成だったな。
データベースから引っ張ってきて書き出す。
旅行雑誌のツアーカセットにカタログのスペック、index……。
ページ全体じゃなくても、同じパターンのパーツ作成とかも。すごく共通点が見えた。
ワタシはwebデザイナじゃないんだけど、
でも、自分の経験にも意味があると思えた。
アリガトウゴザイマス。

通りすがり2006年12月16日 13:13

InDesignはタグ付きテキストをプログラムで生成したり、XMLで出力してそれに書式を当ててはめ込んだり、というのはよく行われますね。

makimokiさんの仰るように、情報誌やカタログなどの形式が決まっている物は大体定型化されて自動処理です。
バイト営業の人以外の手が入るのは、特殊な大口顧客のもの(求人情報誌でどう見てもオリジナル原稿の物とか)と下版前の確認ぐらい、という場所も少なくありません。

lilac2006年12月18日 15:58

「Web デザイナーは DTP 的感覚を捨てるべきだ」とはよく聞く意見というのは初耳です。
もし、そういう人がいるのであれば、その人はDTPが「できない」んじゃないでしょうか?

kaminogoya2006年12月18日 17:27

> makimoki さん
デザインのコントロールは DTP のように思い通りにできませんけれど、『意味付け』というのは Web も DTP もその他も共通なんだとおもうんですね。
なので、ただ Web フォントサイズや幅を固定したレイアウトを DTP 的感覚として脱するべきとは言えないんじゃないかと思っています。

> 通りすがりさん
やはりそうなのですね。だいたいどれくらいの制作会社がそうしたシステムを導入しているのでしょうか?ご存知でしたら教えてください。

> liac さん
そうかもしれませんね。
ちなみに、僕がよく聞くのは、Web はデザインコントロールに差があるので、DTP デザインのように細かく制御したデザインができない。だから DTP 的感覚でデザインをするのはどうか…。というものです。
確かに、閲覧環境次第でフォントサイズが変わったりする Web ではその意見は間違ってはいないと思います。ですが、それは捨てる・脱するというよりは、理解を深める点だとおもうのです。
それは単にビジュアル的視点で、文書に意味付けを行うという点は Web も DTP も他も共通で、ただ文書に意味付けをするというだけでなく、レイアウトや文字の大きさなども、文書の意味を考えて行われていると思うので、それは DTP デザイナーであれ、Web デザイナーであれ捨てるべきではない。と思ってこの記事を書きました。

ゆう2006年12月18日 21:57

とても興味深く、拝見させていただきました。

最近、よく思うのですけど、実は「見栄え」って、かなり「構造」に依存する(というか、左右される)面が強いですよね。

ここで kaminogoya さんがおっしゃっていることって、InDesign のような WYSIWYG 型の組版アプリケーションを使っていると、なかなか気づけない面がありますが(Word のスタイル機能なんかと一緒で、これも使い方次第なんですけど)、同じ組版フォーマットでも、TeX をお使いの方々などは、強く共感されるのではないかと思います。HTML とよく似た、テキストベースのマークアップ組版言語ですから。

一部の CMS で、

 - Web: XML -> XHTML
 - Feed: XML -> RSS | ATOM
 - 紙媒体: XML (-> TeX) -> PDF

という実装が行われていますけど、これからはそういった WYSIWYM(What You See Is What You Mean)的な、ひとつの構造化文書から、派生物を生成したり変換・転用したりする流れになっていくのかも知れませんね。

212006年12月18日 22:44

元軽印刷業で、現在DTPとWeb両方にどっぷりな自社周辺情報から。

・ビバ構造化。ってかしろよ、てめえ。
「DTPだろうがWebだろうが、ってか冊子だろうが会葬礼状だろうがポスターだろうが、まず構造化できない奴は関わるな。」って雰囲気めちゃ強化してます。
「散らばった情報から、骨を組み、意味を与え、視覚・聴覚・触覚への刺激を構成する。それが商業デザイン。できないならそれは趣味だよ」って、ビジュアルデザイナーにもガンガン言って泣かせてます。

・ほぼ毎日データベース組版。
昔ながらの「入力 -> コピーペースト -> 調整」という仕事も減らないけど、可能な限りデータベースからXML等で出力し、テンプレートに読み込み、調整。大規模やり直しがめっちゃ楽。Webで原稿をDBに溜めて、組版用に書きだし、ってのもベタです。MySQLでもいいけど、FileMakerって印刷屋と相性良すぎ。うちみたいに毎日新しいフォーム作る現場には。

・「Webって見る側に印刷機があるんですよ」という例え話
社長やお客さんへの説明によく使います。印刷の世界に関わってないと肌で感じにくいですが、DTPだろうがなんだろうが、出力機への依存度はあんまり変わりません。確かにぶれの幅は小さくなってますが、そもそも白黒プリンタとハイエンドインクジェットの違いは誰にでもピンと来ます。
それで説明に使う例えが、「印刷だって、全く同じデータからでも、出す機械が変わると、当然仕上がりは全然違ってきますよね? Webって言うのは閲覧者のパソコンで表示されるたびに、印刷されている様なものなんです。白黒機かも知れないし、最高級の4色機かも知れない。手入れが行き届いたものや、廃棄寸前のボロもあるかも。それら全てで同じように見られるデータは、作り様がありません。だからなるだけ多くの人が見られる『事実上標準』に合わせて作ります。...ということで、社長の古Macでは見られません!」ってなのです。

・ワンソース マルチユース
できてません! みなさんがいうほどできてません!
地方の印刷屋なんでそういう仕事が少ないのも大きいですが、とにかくDBに蓄えられた情報の質がものを言います。なので結局画像かPDFとして使う羽目に。はじめからマルチユース見越さないと泣きばっかり見るので、やや逃げ腰です。いかんのよねえ。
多分、「Web -> 印刷」のマルチユースの方が楽です。印刷の人に頼んだDBには、よく愕然とさせていただいてます。何で全節分フィールド作るのっ! 1テーブルに800フィールドって何!? 泣くわよっ!

・「チラシをそのままWebに」
多いです。サイトと印刷物両方取り扱ってると、やっぱり多いです。お客さんは少しでも二度払いを減らしたいから、当然。今欲しいのは、どちらも見越したビジュアルを構成できる人間と、そう言われて「やめましょうっ! WebにはWebの、適した形があります。印刷物時点で考慮できなくてすみません!」と自信たっぷりに応えられる人間。もう丸々画像貼り付けてalt=""で誤魔化したくないよう。

長かったです。

YMG2007年3月10日 03:11

横レスすみません、でも気になったので
>社長の古Macでは見られません!
うちの上司がまさにそれなんです。いつも一昔前の環境に準拠したものを作らないといけなかったのですが、今度その流れで説得してみようと思います