2xup.org

情報の発信・取得に関して意識していること

ブログで情報発信するようになってから、僕自身の知識はどんどん増えていきました。同じようにブログで情報発信している人の意見などを見ては真似してやってみたり、もっと詳しく調べるきっかけにもなったし、職業を変えるきっかけにもなりました。最近ではソーシャルブックマークのおかげで情報取得の速度はどんどんスピードを上げ、より良い情報へのアクセスが簡単になっています。時には追いつかないくらいですが、情報整理の方法もこうした中で学んでいくのかな。と実感しています。

情報を発信する側でもあり、取得する側でもある僕自身が、どういった事に注意して意識を持っているのか、自分自身へのフィードバックも兼ねて書き出してみました。こういうのは所謂 Life Hack とか言ってもよいのかしら。

被ブックマーク数が記事の価値や正確性を示すものではないという認識

書いた記事をたくさんブックマークしていただける機会はそうそうないので偉そうなことは言えませんが、その記事の価値を示すものではないという認識をするようにしています。リファラとあわせて、どれくらいの人がこの記事に興味をもってくれたのか。といった感覚でチェックしています。ブックマークにつけられているコメントはブックマークした人個人のメモと判断し、基本的にチェックしていません。

少し前まではそうではなかったのですが、ソーシャルブックマークで頻繁にブックマークされるようなサイトで根拠も無く思い込みで書かれたような記事に対してブックマークがたくさんついているのを見て、そういう(リテラシーの無い人を簡単に操作できる) ツールでもあるんだなあ。と感じてからは認識を改めました。自分自身がブックマークする時もやらめったら (見ないような記事は) しないように気をつけています。

極力シンプルなタギング

これはソーシャルブックマークでも、ブログでもそうなのだけれど、過去の経験から自分自身の情報整理にはあれこれつけてもほとんど役に立たないということが解った。あとでややこしくなって困るのは自分だし、やたらタグ付けして誰のためやら解らなくなってしまうので、例えば、css, desgin, movabletype, plugin, stylecatchr なんてタグ付けはやめて、この場合だと css, movabletype でいいんじゃないかな。ということです。タグ自体も固有名詞以外でどうしてもという時以外は半角英数小文字のみで。補完があるから気にならないかもしれないけれど、大文字を入れると他のタグを新たに追加する時そろえるとか考えるのがめんどいような気がする。あと、あとでみたいなのは過去に利用した際にあとで確認したことが無い事がわかっているので使わないようにしています。

提案だけでなく実践して共有する

たとえば、先日書いたスタイルシートを書く時のガイドラインという記事を例にとると、『スタイルシートを書くにあたってガイドラインを設けると作業効率の向上やミスを減らす事ができますよ!』というのは簡単。それを実際に自分自身の考えで作成し、共有することで自分自身の知識をさらに高める事にもつながるように感じています。今回はすばらしいフィードバックもあったし、そのフィードバックのおかげで自分の考えを改めるきっかけができそう。間違っているかもしれない、自信が無いという事こそ実践して共有する事が大切なんじゃないかと思います。同時にフィードバックに対して知っている。と思い込まないという事も注意しています。

知っている。と思い込まない

例えば記事を読んであ、それ知っていると思い込んだ瞬間、学びとる事を自分自身の手でストップさせてしまうと感じています。自分がもっている知識と良く似た意見だったとしても、その記事を書いた人なりの見解があってそこから何か学び取れるような可能性を失いたくないので、注意しています。そもそもあ、それ知っているどころか、自分の持っている知識の方が正しいなんて思ってスキップするなんて事は自分の首を締めることになりますし。

誰かの話を聞く時も同じで、僕はできるだけ話している人だから知っている事を聞き出すように話を聞くようにしています。そこから自分の考えが生まれたらまた、それを実践して共有できればステキ。