2xup.org

Walter Bosse (ウォルター・ボッセ) のゾウ

購入したゾウ先日ダイニングで使う椅子を買い求めにいったお店で素敵なゾウに出会いました。彼は今は亡きオーストリアの工芸家 Walter Bosse (ウォルター・ボッセ) の手によって生まれたゾウでした。ボッセの作品には好きだったのかゾウやクマの作品が多く、どれもカワイイ表情を持っています。現在は Walter Bosse のライセンスを取得した工房で作られた作品を購入する事ができます。素材は真鍮で上から黒い塗装が施されています。ですので塗装がはがれると金色の真鍮が出てきますよ。

ボッセの作品で有名なのが、ハリネズミの灰皿。その灰皿が素晴らしい作品で有名なばかりに100万を超えるコピー商品が生まれ、ボッセはその訴訟問題に必要以上の時間を使ったといいます。まさに悲劇のデザイナー。ゾウのやさしくかわいらしい表情からは決して想像できませんね。いまのトコロボッセについて詳しく書かれているサイトはみつけられず。書籍もさがしてみようかな。

Bosse のゾウもリビング窓際のゾウコーナーに早速仲間入りリビング窓際のゾウコーナーに早速仲間入り。この表情をみていたら、もっともっとボッセの事が知りたくなってきました。