2xup.org

Structured Blogging

structuredblogging.pngmicroformats の登場は、文書に意味付けするという HTML の重要な役割を楽しく再認識できる良い機会であったと思います。今年の SxSW では Tantek Çelik 氏をはじめとするメンバーによる、microformats に関するセッションもあったようです。microformats のウェブサイトでは、その時に使用されたスライドが公開されているので興味のある方は是非チェックしてみてください。合わせて、実際に SxSW に参加された木達さんの blog では、木達さんご自身が microformats に興味を持っていらっしゃる理由をその重要さとともに解りやすく読む事ができます。僕も読ませていただき microformats にますます興味を抱きました。

僕自身 microformats は Blog で使う事こそその可能性がどんどん大きくなるように感じます。Blog ではその投稿の手軽さから、日々音楽や書籍のレビューやイベント・カンファレンスの告知などがにどんどん投稿されます。Blog は毎日どんどん増えていますし、その情報の加速度は計り知れません。投稿される記事各々に microformats が導入されていればデータの収集がもっと楽になるんじゃないかと期待しています。先日 YAPC のセッションとスピーカーのウェブサイトを作成する際にも microformats に対応させてみましたが、実際に iCalendar 形式に Publish して iCal に読み込むといったメタデータの利用を体験してみて、情報のフォーマット化が生むメリットを実感できました。実際にそうした構造化された Blog 記事フォーマットを推奨する Structured Blogging というグループが立ち上がっています。

Structured Blogging ではただ構造化された Blog 記事フォーマットを推奨するだけでなく、主要な Blog ツールで Structured Blogging が行えるようにプラグインの配布も行われていて、もちろん microformats にも対応したフォーマットで publish されます。プラグインのインストールは mt.cgi のあるディレクトリにある plugins ディレクトリに StructuredBlogging ディレクトリをアップロード。やはりこのプラグインも BigPAPI プラグインが必要です(同梱されています)。ブログごとのプラグイン設定では Amazon アソシエイト ID の設定もできます。実際に Movable Type にプラグインをインストールしてレビュー記事(hReview)を書いてみたので、その模様をスクリーンキャストしてみます。