2xup.org

Cornelius toner

toner.png今月の Suound & Recording Magazine は、300号記念としてなんとコーネリアスこと小山田圭吾さんの新曲が付録 DVD に収録されています。今回は映像作家の高木正勝さんとのコラボレーション作品でもあり、先に小山田さんが作った音源に高木さんが映像をのせるという流れで作成された作品だそうです。プリンターの動作音から始まる心地良いリズム。そういえばトナーヘッドが往復する、ウィーン・ムキュン、ウィーン・ムキュンっちう独特のリズムを何となく気持ち良く感じた事を思い出しました。作品名もそこからきているんですね。

プリンタートナーの音とピアノとシンプルですが、独特の空間を感じさせる音はさすがです。どんどん広がって行くイメージ。最初は目を閉じて聞いてみてその音から広がる空間を感じ、そして目を開いて映像と共に楽しむ。想像している空間と視覚から入ってくる映像とのギャップの無さというか、スッと自分自身のイメージと一体化していくような感覚は新鮮です。まとまりもとってもシンプルで、1分35秒と短いですが聴きごたえが癖になりそうです。

Point から5年。今年はついにニューアルバムのリリースも予定にあるようなので、本当に楽しみです。