2xup.org

microformats.orgがLaunch

関わっている人たちを見ても、いろんなところで小耳に挟む限りでもおもしろそうなMicroFormats。先日Joiさんからお話でもこのMicroFormatsに関する話があって、口をあんぐりっこしていたのですが、そのmicroformats.orgが先日ローンチされたご様子。わくわく。Web2.0を取り巻く技術の一つとして注目しています。

MicroFormatsとはものすごい簡単に言うと、今現在あるスタンダードを使ってできるだけ身近な所からSemantic Webを進めて行こうっちうもの。つまるところ決してそれは新しい言語とかそんなんではなくて、XHTMLを利用しそこにアトリビュートを追加することでメタデータを追加するわけです。これなら今このWeblogを閲覧しているまさにその環境で直ぐに使えます。

TechnoratiではTantek Çelik氏のスライドが公開され、MicroFormats Wikiでは、様々な仕様が用意されています。

XFNが気になる

そんなMicroFormatsの中でまず気になったのがXFNです。

ただa要素を利用してウェブサイトへのリンクを用意するのではなく、加えてメタデータをそのリンク先に与える事でそのサイトの持ち主との関係を明示することができるわけです。このリンクは何も必ずウェブサイトのメニューバーに付けるサイト名を記述したものだけではなくて、XMDPなんていうシンプルなXHTMLで構成された自分プロフィールページを用意してそこに名前でリンクを用意してFOAFのように使うのもいいわけです。

ちなみにソースを見てみると上記お二人には以下のようなメタデータを付加しています。

<ul>
  <li><a href="http://blog.bulknews.net/mt/" title="blog.bulknews.net" rel="contact met co-worker colleague">blog.bulknews.net</a></li>
  <li><a href="http://www.yasuhisa.com/could/" title="COULD" rel="contact met colleague neighbor">長谷川 恭久氏</a></li>
</ul>

それでもって、リンクを用意するXHTML文書のhead要素にprofileアトリビュートを付けるだけ。か…簡単…。

<head profile="http://gmpg.org/xfn/11">

そのXFNをどう活かすか

rubhub.pngさきほど例に出した2つのリンクはXFN 1.1 生成ツールで生成したもので、ただ見てもわかるようにこれじゃあただのリンクです。ここで追加したメタデータrel=""で示された値)を実際に解釈するものが必要で、rubhubというルックアップエンジンがその一つだとおもいます。

トップページやTop10とされる場所からいくつもリンクが並んでいますが、それをクリックするとそのURLのウェブサイトへメタデータを加えたリンクのメタデータを参照し視覚化されます。

このrubhubに登録されているサイトを見ていると様々なものにrel要素に値を与えて意味付けを行っています。MicroFormats自体これからどんどん広がっていき、様々なものの意味付けが統一されていけば行くほど面白くなっていきそうですね。