2xup.org

時代がゼータにおいついた。そう言えば君の気が済むのだろう?

タイトルはクアトロ=バジーナのアムロに対する名言君を笑いに来た。そう言えば君の気が済むのだろう?より。

z01.png 先日オフラインミーティングを兼ねて執行役員・シニアマネージャー・ガンダム部長と機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者を鑑賞してきました。うまくまとめてあってガンダム部長が見所としてはやはり全編に流れる富野節溢れる台詞の数々です。っちうだけあり注目すべきはやはり台詞(主に赤い人の独り言)と新しく書き下ろされた絵です。もはや確認作業といっても過言ではないカンジ。後者は新しいものが以外に少ないものの、キャラクターの表情に原作では観る事ができなかった微妙な心境が伺えたりとなかなかお気に入りでした。

Zといえばファーストですっかりシャアの虜になってしまったっちう方にはなかなか彼が見苦しく見える時期になるとおもうのだけれど、結局の所逆襲のシャアまで続く彼の物語の一部にすぎません。原作ではかなりその辺も出ているのですが、映画版は新たな台詞に加え話自体を短くしているのでソレ自体がかなりこっけいに見えました。いや。寧ろかっこ良く見えた。うん。最初っからもう赤いリックディアスでクアトロ=シャアってばれてるし…。

今回の作品自体はファーストで最後にならば同志になれっ!とシャアが言うたアムロとの再会までを描いているのだけれど、お互い一番の理解者であり一番意識しあっている2人が次回どんな風に映画にまとめられるのか。そして設定上おそらく主役であり真の人身御供であるカミー ユの心の動きが本当に楽しみです。

次回、機動戦士Zガンダム 恋人たちは10月29日より。

2 Comments

wr72592005年6月25日 00:29

このネタは反則です。
クアトロ=バジーナ様!とお呼びしてしまうからです。

kaminogoya2005年6月25日 02:29

>wr7259さん
ナンジャソラー!