2xup.org

EnkoderでGmailも大切にしてみたり

Weblogをやってる以上っちうか、インターネット上で個人情報を入力する以上スパムの被害に合う可能性があるわけで、コメント欄でもメイルアドレスがいくらスパムプロテクトされているとはいえ来るもんは来るのです(そっからではないと思うけど)。

それにサイトを運営している以上はメイルアドレスを出しておきたい!っちうなんかの責任感があるわけで(?)、そうなるとまあ被害に会う確率はゴリゴリッと上がってしまうわけです。せめて自分自身のサイトに出す分くらいは出来る限りの保護をしたいところですな!な!

Gmailでやりすごすのもいいけど、+The Enkoder Appでなんかご機嫌

紹介しているMac用ソフトEnkoderのアイコンそんな中Gmailの登場がかなりいい感じにマッチして、容量が多い事やスパム対策もされてる事からGmailだったら晒してもいいザン!てな感じで、Gmailアイコンなんぞも流行っていたりするわけで、僕も晒すならGmailが良いなあと思うのだけれど、できればスパムはお断りしたいトコロ。防御策は色々あるものの、このアンチ・スパムメイルに使えるソフトThe Enkoder Appがなかなかご機嫌なのです。こういう『どうでもよくなく、どうでもよさげなソフトはスキ。ス・キ。

操作も簡単だし、必要項目を埋めてReturnでオケイ。Advancedモードで自由にマークアップできるので、噂のGmailアイコンの部分もこれでダイジビ。

XHTML準拠で生成すればW3C Validation ServiceではValidなjavascriptが生成されます。Another HTML-Lintでは生成される<![CDATA]]>内に含まれる<が入っている点を指摘してくれます。っちうか、こういうのは<![CDATA]]>内をmailto.jsとかいう外部ファイルにして<script>とかで読み込むようにした方が効率がよさげですし。そうするのがいいかも。

つなみにGecko + Content-Typeがapplication/xhtmlな環境では動作しませ(ry(やりかたわからんのです)。