2016年10月9日の夢

Posted on

公園の砂場で山を作ってトンネルを掘っていたら、砂場から野球ボールが出てきたので、野球をやろうということになった。野球をしながら、会社で「王監督はもう監督じゃないのに、いつまでも王監督と呼んでしまう」という話しをして笑ったという現実のできごとを思い出していた。

野球ボールを思いっきり投げたら、川までとどくかも。と思って投げてから、川まで届いたのかをどうやって確かめようかな、と考えようとしたところで目がさめた。その時見た時計はたぶん午前3時30分くらいだった。

たくさん文章を書くようにしたいので、僕もみた夢を憶えている限り書き記すことにした。